About Us

VISION     描いている世界 
MISSION     その実現のために 
WHY TOHOKU     なぜTOHOKU―東北、か 
WHAT WE DO     事業内容 
WHY I DO THIS     なぜ私が、これをやっているのか 
ORGANIZATION PROFILE     組織概要 
MAIN FUNDERS     主な資金提供者 
HISTORY     沿革 
REPORT     レポート 
SPEAKING     講演等 
MEDIA COVERAGE     メディア 


VISION
私たちが目指している世界。

「Change-Making Communities™ が世界に次々と生まれていくこと」

それは、

チャレンジに直面したときに、自ら変化をしなやかに力強く起こしていける、
Resilient(レジリエント)なコミュニティが、アメーバのように増殖していく世界。

起こしたい変化のために、それぞれが価値を持ち寄れる世界。

変化の起こし手と変化の受け手が、一方向的に決まらない世界。

WIT-World in Tohokuの名は、このビジョンを込めてつけられました。通常は、「Tohoku in the world(世界の中の東北)」のような表現をしますが、あえて「World in Tohoku(東北の中にある世界)」と順番を逆転させています。

実際にChange-Making Communities™が生まれるには、すでに自分にある可能性を見つけて育てたり、外にある可能性をとりいれることが大切だと考えます。例えば、Tohokuという一つの場所に広がっている世界の可能性を探求し、同時に、Tohokuとそれ以外の世界がやり取りをしていくこと。

 
 
WIT’s Vision : … a world where Change-Making Communities™ continue to emerge globally.

What does that look like? – When faced with a challenge, communities demonstrate resilience through strength, flexibility, and inspire change across other communities through a ripple effect.

In order to create that change, stakeholders from various sectors bring forth their unique values and contribute towards the shared goal. The influencer and the beneficiary are often not moving in the same direction.

The name WIT (World in Tohoku), therefore was borne upon this belief/vision. Generally, one may assume that “Tohoku in the World” is a more fitting description/expression, but “World in Tohoku” is intentional.

In order to build Change-Making Communities™, individuals must either stimulate the potential that lives within, or gather potentials from the external forces/influence. This allows the Tohoku region to be a part of the world’s quest for its potential, while simultaneously bringing the global asset to Tohoku the region and join forces.


 

MISSION
その世界を実現するために。

WITは、社会起業家を変化の種と捉えています。私たちのミッションは、

「世界にインパクトを与える社会起業を、グローバルシチズンたちとともに育てること」

グローバルシチズン: 地域やセクターの違いをこえて、世界で起きていることに当事者性をもち、自身のソーシャルリターンを最大化する生き方をする人。

 
 
Our mission is to collaborate with global citizens in order to scale the impact that social entrepreneurship has on the world.

In order to attain the world in which WIT envisions, WIT perceives social entrepreneurs as seeds of change.

We identify the differences and bridge the gap between various regions and sectors, while empowering leaders, all working collectively to scale the impact of social entrepreneurship in this world.

 

WHY TOHOKU
なぜ東北か。

 震災の直後、ソーシャルイノベーションの各分野で経験を積んできた仲間が出会い、立ち上がったのがWITです。
 私たちは、未曾有の危機を受けて、東北のために何かできることをしたい、と願うとともに、東北で起きている・これから起きることは、世界の他の地域にとっても大きな意味がある、と考えています。

 その「世界にとっての意味」とは、
 1.災害は場所を選ばない。

東北のように、社会起業や彼らとともに活動するエコシステムが強くはなかった地域を災害が襲った場合、社会起業家は活動をすぐに始めますが、彼らと協働・支援するエコシステムはすぐには育ちません。ですが、社会起業家が長期的に社会を良くする活動をしていくためには、住民、行政、ボランティアやスタッフ、資金提供者、事業提携相手など、様々な登場人物が力を合わせる必要があります。このため、WITは、社会起業家と協働する生態系の成長に貢献したいと考えています。

 2.百年後につなげる未来。

東北は、日本の中、世界の中において、課題先進地であり、他地域にもインパクトを与える可能性がある社会起業家が育つ機会が眠っています。それも、エネルギー、自然環境、少子高齢化社会、地方と都市の産業構造など、社会のシステムレベルのチェンジが必要な、大きく複雑なテーマばかりです。複雑で先進的な課題に対して、百年後につなげる未来を、皆さんと描いてみたいと考えています。

 東北は、私たちにとって、支援の終着点ではなく、世界へインパクトを恩返していく始まりの場所、契機です。
 
 

World in Tohoku was established immediately following the Great East Japan Earthquake that occurred on March 11, 2011, when professionals in the field of social innovation gathered to share their experiences and acted upon their shared commitment towards creating change-making communities and scaling impact.

Despite the risk of diving into a practice/field that is unheard of /underdeveloped in Japan, the sense of urgency to lend a hand to the victims of the earthquake in a resourceful and effective way remained at the core of this work. WIT’s work has developed over time with the belief that the positive change happening in Tohoku can also be replicated and/or scaled in other disaster-stricken regions in the world.

That is

• Natural disasters can happen anywhere in the world. In situations such as 3/11, where a natural disaster struck a region like Tohoku, where social entrepreneurship, let alone a fully functioning ecosystem of players, could not keep up with the pace of rebuilding. Even if social entrepreneurs themselves are able to rebuild their business, the other players within the ecosystem do not have the capacity to develop effectively and efficiently in a timely manner to support the social entrepreneurs.

• The societal issues around Tohoku post-disaster is currently gaining a lot of attention from both within Japan and across the world; yet the ability to build capacity of social entrepreneurs who are seeking to have an impact on their region and beyond, is lacking, This is yet another layer of change that is required at the systems level, all encompassed with the other issues such as nuclear meltdown and concerns of radiation, decreasing birthrate and aging population, the industrial structure between rural and urban regions of Japan, etc.

Tohoku is not a means to an end, but rather a unique place and opportunity to return its appreciation to the world and showcase the impact that disaster-stricken areas can have to other regions around the world.

 

WHY I DO THIS
なぜ私が、これをやっているのか?

人が何かをするとき、そこにはどんな形であれ、意思や周囲の環境の力が働きます。
ここでは、代表山本が、なぜこの活動をしているのか、お話形式で少しずつご紹介したいと思います。

WITでやっていること、目指していることは、山本が人生を通じて惹かれてきたことの現れでもあります。
それは、Crossing boundaries(垣根をこえる)。

はじまりは、台湾から来た女の子の話。

そして、フィリピンのスラムの女の子の話。

マレーシアの孤児院の話。

養豚兄弟の話。

プリンストンでのippoの話。

ホームレスの新聞売りの話。

・・・と続きますが、まずは目次をここまで。

 

ORGANIZATION
Incorporation as non-profit general association since September 1st, 2011
2011年9月1日設立 非営利型一般社団法人格取得

Managing Director: Mio Yamamoto
代表理事: 山本未生

Address: 2-12-3, 3rd Floor, Yayoi, Bunkyoku, Tokyo, 113-0032, Japan
住所: 113-0032 東京都文京区弥生2-12-3 3F 一般社団法人WIT

Boston Office (inside Impact Hub Boston)
ボストンオフィス(Impact Hub Boston内)
50 Milk Street Boston, MA 02109 USA

California Office
カリフォルニアオフィス
Menlo Park, CA
 


FUNDER
– WIT Accelerators and Friends / WITアクセラレーター & WITフレンズ
Give2Asia
Japan Center for International Exchange(JCIE) 公益財団法人日本国際交流センター
Japan Society ジャパンソサエティ
United States-Japan Foundation 米日財団
U.S.-Japan Council TOMODACHI Initiative 米日カウンシルTOMODACHIイニシアティブ

 


HISTORY

2011.6 Started supporting social entrepreneurs and intermediary organizations in Tohoku
震災復興に携わる東北の中間支援組織、社会起業家の支援をはじめる
2011.9 Registered WIA (World in Asia) as a non-profit general association
一般社団法人WIA(World in Asia)設立
2012.6 Supported three intermediaries and the launch of eight social enterprises
3つの中間支援組織と協働。また、8つの社会起業の創業を支援
2012.7 Received a two-year grant of USD192,625 from Give 2 Asia, and started supporting five social entrepreneurs (investees)
米国財団Give2Asiaから、2年間で192,625米ドルの助成を頂く。社会起業家の事業拡大支援を開始
2012.10 Received a two-year grant of 6,000,000 yen from JCIE
公益財団法人国際交流センターから2年間で600万円の助成を頂く
2013.2 Selected four additional investees
社会起業家4団体を新たに投資先として決定
2013.11 Received a two-year grant of USD 100,000 from the Japan Society of New York
米国Japan Societyから、2年間で100,000米ドルの助成を頂く
2014.3 Changed its organization name from WIA to WIT (World in Tohoku)
一般社団法人WIAから一般社団法人WIT(World in Tohoku)に団体名称を変更
2014.8 Hosted the first WIT Learning Journey (Hosting twice a year hereafter)
第1回WITラーニングジャーニー開催(以降半年に1回開催)
2014.11 Hosted the first Issue Discussion (Hosting quarterly to bi-monthly hereafter)
第1回イシューディスカッション開催(以降2~3か月に1回開催)
2015.6 Selected two additional investees
社会起業家2団体を新たに投資先として決定
2015.11 Received a grant of 4,765,200 yen from the United States-Japan Foundation
米日財団から、4,765,200円の助成を頂く
2015.12 Received a grant of 791,800 yen from the U.S.-Japan Council
米日カウンシルから、790,800円の助成を頂く
2016.4 Selected five additional investees
社会起業家5団体を新たに投資先として決定
2016.7 Hosted the first Cross-Border Learning Journey
第1回クロスボーダー・ラーニングジャーニーを開催

 


REPORT
Impact Report September 2012 – August 2013 インパクトレポート 2012年9月~2013年8月
Annual Report 2012 年次報告書2012年

 

SPEAKING
2016/3/19 The Laurasian Institution & Maryland University / ローラシアン協会 & メアリーランド大学

2016/3/11 The SAKURA Foundation / サクラファウンデーション, Denver, Colorado, USA
Cross-Border & Cross-Sector Collaboration to Empower Social Entrepreneurs in Tohoku

2016/1/19 The Rotary Club of Tokyo Atago / 東京愛宕ロータリークラブ, Tokyo
国境をこえて、 社会起業団体を支援する  ~日米を比較しながら

2015/8/24 NY
Roundtable with young professionals, on social entrepreneurship in Tohoku

2015/7/23 Ochanomizu University/お茶の水女子大学, Tokyo
Career Development Special Seminar
キャリア開発特論 お茶の水女子大学

2015/4/7 Columbia University, NY
Reimagining Japan Post-3/11
Consortium for Japan Relief

2015/3/20 Washington DC
Strengthening Civil Society Ties after 3/11 – Lessons from the US-Japan Experience
Organized by the Japan Center for International Exchange (JCIE)
Hosted at the Institute of International Education (IIE)

2015/2/28 Princeton University, NJ
Social Innovation in the Revival of 3.11
Co-hosted by Princeton Japanese Association and Japanese Student Association of Princeton University (共催:プリンストン日本人会、プリンストン大学日本学生会)

2015/1/23 Rikkyo University/立教大学, Tokyo
Change the World from Tohoku – Empowering Social Entrepreneurs for the Future

2014/12/7 MIT, MA
東北から世界を変える社会起業家を育てる
Boston Japanese International Development Community
ボストン日本人開発コミュニティ

2014/11/17 NY
Learning about Education/Learning in NY
「教育/学び」の仲間 in NY

2014/11/17 Columbia University, NY
Columbia Impact Investing Initiative (CI3) of Columbia University, Impact Investing Speaker Series
コロンビア大学コロンビアインパクト投資イニシアティブ

2014/11/14 Columbia University, NY
Consortium for Japan Relief

2014/07/24 Globis School of Management Sendai Campus, Sendai
「東北から世界を変える、未来志向の社会起業家支援」
Globis Entrepreneurs Club Sendai Lecture at Globis School of Management
GEC仙台

2014/07/21 Hitotsubashi University/一橋大学, Tokyo
「社会変革を加速させるリーダーシップとは ― 社会起業家とともに東北から世界を変える」
Hitotsubashi University, Shibusawa Scholar Program, One Bridge Seminar (一橋大学商学部 「渋沢スカラープログラム」第3回OneBridgeセミナー)

2014/07/08, Ochanomizu University/お茶の水女子大学, Tokyo
Career Development Special Seminar
キャリア開発特論 お茶の水女子大学

2014/05/08 JCIE, NY
“Disaster Relief through Supporting Social Entrepreneurs”
Japan Center for International Exchange (JCIE) Roundtable at JCIE New York
公益財団法人日本国際交流センター (JCIE) ラウンドテーブル

2014/04/14, Watertown MA
「ビジネスとソーシャルの橋渡しで社会を変える ― MIT留学から東北の震災復興へ」
Japanese Women’s Club in Boston
ボストン日本女性の会

2014/2/13 Glocal Techno-Innovation Café, Tokyo
「ビジネスプロフェッショナルの方々に、社会起業家に投資し成長をデザインする仕組みを提供します ー 自身のソーシャルリターンも最大化する生き方」
“Learn How to Invest on and Nurture Social Entrepreneurs! (And Maximize Your Social Impact, Too!)”
Global Techno-Innovation Café

2013/11/13 D.C. Development Forum, Washington-DC
“Empowering Social Entrepreneurs for the Future: Prosperity of Asia beyond Tohoku”
D.C. Development Forum 23rd Workshop
DC開発フォーラム 第23回ワークショップ

2013/03/14 MIT, MA
“Social Innovation from Tohoku”
Beyond 3.11 (2nd anniversary event)
MIT Japan 3/11 Initiative

 

MEDIA
The Journal, by Custom Media for the American Chamber of Commerce in Japan (ACCJ).
“MBA Graduate’s Choice to Be a Social Entrepreneur” on Toyo Keizai Online
“Learning Leadership from Homeless Persons” on Toyo Keizai Online
“Innovation from developing countries” on WORKSIGHT
“The Power of Entrepreneurship” on NHK Tohoku Miraijuku
“What We Could Learn from the Japan Earthquake” on Diamond Online
“Creativity of ‘The Bottom’: Innovations from the Developing Countries” published by Diamond Inc.